インプラント|半田市の歯医者|岡戸歯科医院

〒475-0053愛知県半田市乙川内山町17番地
0569-23-1491
WEB予約 準備中
ヘッダー画像

インプラント

インプラント|半田市の歯医者|岡戸歯科医院

こんなお悩みはありませんか?

こんなお悩みはありませんか

  • 歯を失ってしまった
  • 入れ歯があっておらず痛い、違和感がある
  • 入れ歯の見た目が気になる
  • 硬いものが食べられない
  • 他院でインプラント治療が難しいと言われた

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯を失った箇所に人工歯(インプラント)を埋入し、歯を補う治療法のことを言います。従来は、歯を失った治療法としてブリッジや入れ歯が一般的な選択肢でしたが、近年はインプラント治療を希望される方が増えています。
歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っており、歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。「インプラントと差し歯は何が違うの?」と疑問に思う方も少なくありませんが、差し歯は歯根が残っている状態で行う治療であり、インプラントは抜歯が必要になった時(歯根がない)に行う治療法です。

インプラントのメリット/デメリット

メリット

両隣の歯を削る必要がない

隣の歯に関係なく、単独で歯の修復が完了します。隣に歯がなくても修復できます。隣の歯を削って寿命を縮めることもありません。

残っている歯に負担がかからない

噛む力を顎の骨が直接受け止めるので、他の歯に過剰な負担がかかりません。

違和感が少ない

入れ歯のような留め具がないので、自分の歯と同じように使うことができます。

見た目が自然

「歯茎から歯が生えている」状態を再現できます。

デメリット

手術が必要

日帰りで1~2時間程度の手術が必要になります。全身の状態によっては施術困難な場合もあります。

治療に時間がかかる

インプラントを入れたあとは、骨と結合するまで待つ必要があります。症例により、診断から治療終了まで6~12ヶ月程度かかります。

保険がきかない

治療費は10割負担になるため、保険治療と比較して高額になります。

成功率が100%ではない

インプラントを正しく埋入した場合でも、約3%ほどの確率で骨と結合しない場合があります。骨の条件が悪い場合は成功率は下がります。骨とつかなかった場合は、一度除去して、再度埋入するか、別の方法で歯を補うことになります。

インプラントとその他治療の違い
(入れ歯・ブリッジ)

入れ歯の特徴

入れ歯の特徴

ご自身で付け外しをして管理する入れ歯です。歯茎を覆う部分はプラスチックでできており、残っている歯に留め具がかかります。

ブリッジの特徴

ブリッジの特徴

歯を失った部位の両隣の歯を削って被せ物にして、欠損部にはダミーの歯を作り、それらがつながったものを歯に接着する方法です。

治療の流れ

治療前診査診断

治療前診査診断

レントゲン写真や歯周病検査の記録、歯型の模型などをもとに、どの位置に何本インプラントが必要かを検討します。CT撮影、3Dシミュレーションを行い、骨密度検査などのデータも合わせて、顎の骨がインプラントに適した状態か、どのインプラントをどういった術式で埋入すべきかをシミュレーションします。

カウンセリング

カウンセリング

検査結果とシミュレーションをもとに、インプラントの治療計画を作成し、患者さんのご希望を聞きながら最適なプランをご提案します。また、この時点で詳細な料金のお見積もりや、治療にあたっての細かい注意事項をご説明し、患者さんの意思の再確認を行います。

インプラント手術

インプラント手術

インプラントを入れる手術を行います。支えとなる骨が不十分な場合は、他部位の骨や人工骨を移植する術式(ソケットリフト、サイナスリフトなど)を併用することもあります。
手術は1回法と2回法があり、1回法ではインプラントの頭のパーツが歯茎から見えている状態で手術を終えますが、2回法の場合は歯茎の中にインプラントを埋めてしまって治りを待ちます。

インプラントと骨の結合

インプラントと骨の結合徴

インプラントが周囲の骨と結合するのを待ちます。患者さまの骨の状態にもよりますが、通常3ヶ月、骨の移植などを併用した症例では8ヶ月ほどの期間がかかります。

仮歯の作製

型取りを行い、仮歯(チタンの芯+プラスチック)を取り付けます。この際に、かみ合わせや舌の違和感、頬を噛むなどといった問題がないかを確認し、調整します。

被せ物の装着

再度型取りを行い、最終的な人工の歯を制作し、取り付けます。

メインテナンス

定期的なメインテナンスを行います。

インプラントの料金

1本330000円(税込み)